読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長かったのか、短かったのか。

6年間ね。

長かったのか、短かったのか。

確かに仮設住宅は減って来てるし、新しい街も少しづつ出来て来てる一方で、

全く手付かずと言って良い程、放棄されたかの如く変わって無い地区も残ってる。

…凄く、分断というか、格差が拡がってしまってる気がするね。

当事者と他地域の間でも、当事者同士の間でも。

一言では言い表せない。

気仙沼なんかも面瀬の仮設住宅も退去が進み、三陸自動車道のインターの工事がすすみ…と、変化はあるんだけれども。

一方で、国道45号ですら、未だ仮設橋も残ってるし、

歌津大橋が有った処は、未だに大型車がすれ違えない迂回道路だしねー…

山元町から新地町に抜ける沿岸沿いの道路も、未だ不通区間が有って、

放棄されたかの如く、折れ曲がったガードレールが残ってたり。

福島県も、ねー…

新聞には毎日、各市町村の空間線量が載ってるのね。

これは他の県の人達は余り知らん事だろうね。

農産物も放射線測定をクリアしてんのに、未だにそれを信用しない人達も居るしな。

原発避難者いじめのニュースを聞く度、分断を感じるね。

(震災直後から、10年後にはこの様な意識の分断が東日本と西日本の間で起きるだろう…とは予言していたが。予言より随分早く・酷いがね。)

来週、また気仙沼に行って来ますわ。

…別に震災とは全く関係ない件で、だけどね。