読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラヴォイタ

 日曜日は

 2017 Coppa del Lavoro Italiano Open

(コッパ・デル・ラヴォーノ・イタリアーノ・オープン)

参加者のほとんどがイベントのフルネームが空で言えないであろう・・・

通称「ラヴォイタ」、に参加してまいりました。

 要はミニサーキットでのタイムトライアル、ですな。

 我が家を出たのが午前2時、もち自走。

放射冷却で−5℃の出発、むっちゃ寒いやんけ、弥生というのに・・

 しかし寒いのは晴れる証拠

これまでほとんどエントリーはしていたものの

なぜか雨にたたられることの多いこのイベントに

実際走ることができたのは、なんとたった1回だけ、の体たらく

 やっと行けるで!の、戦闘意欲

 しかし・・・寒い!!

なんでこんなに寒い・・・?

 よく考えたらこれまでこの季節に夜に走らせることはほとんどなかった

だから室内環境を顧みることはなかったんですね

 もとより快適装備は皆無ながら

さすがにエンジンという熱源はあるから、暖を取るくらいは・・・

と、エンジンルームから室内に熱を引き込む通気口を開けると

 ・・・

 外気がボンボン入って余計寒いやんけ!!競技前に既に罰ゲームかっ!

 と、手足悴みながら現地到着

 いそいそと会場準備や受付などしながら

 集まってくる、集まってくる

 

 秋のラヴォイタは出場車の年齢制限などがありますが

今回のラヴォイタはオープンですから、何でもアリ、眺めは百花繚乱

 と、いうわけで積載車がゾロゾロ、ほ〜競技専用仕様アスリートマシンかぁ

これはトップ争いは熾烈っぽいことになりそうですなぁ(と、他人事な感想)

 

 ま、こちとら吊るしのロートルマシンにエコタイア付き

さらにチキンハート兼技量不足ドライバーのフル装備ですからね

 ひょっとして1周1泊2日かかるか、

弁当は積んでおいた方がいいのか?途中トイレはあったっけ?

 は、ともかく

 秋のラヴォイタ(この時は大雨でスタッフ参加だけでした)を見ていた限り

1分切れなかったら辛いナァ、とか思ってましたけど

 天気も良かったおかげでギリ50秒切れてよかったです

(トップはなんと35秒台ですから・・・あわわ)

 特に大きな不具合もなく無事に5本走りました。

(シートスライドのストッパーの具合が悪く走行中にズルズルと下がったのは内緒)

 ははは、楽しかったですね〜

 帰りは日本有数の渋滞地域を通らねばなりませんので

適当なSAで休憩して、やり過ごしましょうと思ってたんですけど

 同行のカミさんが帰りの高速に乗ったとたんに花粉症テロが勃発、

連続バックファイアーと体液漏れでティッシュボックス一箱を消費

 と、いうわけで少しでも早い帰宅を目指して

グズるなよ〜と念じつつ駆け付け渋滞突入

 と、見ると参加者のロータスエランと優勝セブンも突っ込んでいるではありませんか

自走だったんですか〜、そういえばセブンには「車に屋根はいらねぇ」って貼ってあったなぁ

 さすがです。何もかも恐れ入りました。

よ〜し、次は俺も本気出すぜ(爆)

 楽しかった一日、運営スタッフ、参加者・ギャラリー、付き合ってくれたカミさん

ケータリング・ピザ・・・そのほか関係者のみなさんに感謝

 何よりも低温出動から競技、渋滞までこなしてくれた相棒に感謝

 そしてコース脇の溝の中で密かに春の息吹を感じさせてくれた

蛙の卵とオタマジャクシに感謝。

 みんなありがとう。お疲れさまでした。