読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モニター、インターミッテント障害が再発

オリジナルのTR 2SC5607で。 ヒートシンクを実装

してあったが駄目だった。 2SC3303へ交換、FIXして

いるようだが、経過観察が必要だ。 熱サイクルでボン

ディングが劣化、接触が不安定になっているようだ。

3000円弱で最後に入手したもので、バックライトが

明るく、コントラストが高いので輝度を下げて使えるほ

ど。 

原因を特定できなくて、1台を弄りこわした。回路構成、

正常動作時の動作波形を把握出来たので、対処の確度が

高まった。 これで、以後の保守は楽にっ。

CPU電源 約5V

カパシタ 10V 1500UF へ交換 低ESR品

     10V 470UF 交換 通常品

インバーター電源 約12V

カパシタ 16V 1500UF へ交換 低ESR品

     16V 470UF 交換 低ESR品

     25V 220UF へ交換 低ESR品

TR 2SC3303 への交換とヒートシンク追加

2SC3303 正弦波の半波でピーク 約30V 

      PP動作 若干の差異は残る