読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

想定と段取りが大事

 よく三軒目で初めて理想の家が持てる、なんて事をいうが、それは三軒も家が買い替えられた時代の人間、かつ、二十年先を見越した家の選び方、普段の手入れ、ができない人間に当てはまるのであって、仕事柄年間600軒の家を訪問し、様々な問題を見る事で、二十年後どうなるかほぼ分かっている自分にとって、家を購入するにあたっての条件はかなり明確でした。

 風呂、台所、トイレがメンテ、掃除、がしやすいメーカー、素材

 結露対策(二重窓、断熱等)が万全である

 ベランダにも水栓

 阪急沿線である事

 車2台分のガレージがある事

 できれば西院がいいな

 等々、まだまだ切りがない

 まぁしかし、そんなに偉そうな事を言っても注文建築なんて予算が無理なんで、建て売りから探す事になるんですが、、理想を完全に再現した家、つまり100点の家ってのはあり得ないわけでして、何かしらを犠牲にする事になるわけです。

自分の場合、結果犠牲になったのは大好きな西院に永住する事だったわけですが、

西院を犠牲にする

車2台駐車可、嫁さんの交通費無し、少しだけ広くてさらに新築物件、、、

と、お釣りがくる位の見返りがあったんですな。それでもかなり悩んだのですが。

 結婚するにあたり、西院の賃貸マンションに住み続ける選択肢もあったわけですが、もし子供ができてから焦って家を探して50点の家しか見つからなかった場合を考えたら、始めから高得点を目指したわけです。

さて、我が家は、そうですな、西院ではないという点を無視するなら95点と文句無しの物件です。

 そして、そんな物件に4/22に入籍してから二ヶ月ちょいで入居、そして、8月に嫁さんが妊娠、12/5に結婚式、4/14に出産予定、、と。

 無駄の多い人生で学んだ段取り術。授かり物には天に感謝しつつ。仕事にも人生にも生かしていかないとな。