読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北朝鮮は「核実験と軍事パレードの順番を変えた」 次はトランプ大統領の本気度が試される>というのだが

北朝鮮は「核実験と軍事パレードの順番を変えた」 次はトランプ大統領の本気度が試される

AbemaTIMES 4/16(日) 14:02配信

北朝鮮は「核実験と軍事パレードの順番を変えた」 次はトランプ大統領の本気度が試される

 世界最大級の原子力空母「カール・ビンソン」を中心とする無敵艦隊【?】は、朝鮮半島近海に到着する。アメリカ対北朝鮮、一触即発の事態が目の前に迫っているのだろうか。

 トランプ大統領は11日のFOXビジネスネットワークで「北朝鮮は大きな過ちを犯している。私はオバマとは違う」と発言。

 先週行われた米中首脳会談で、トランプ大統領は習近平主席に「(アメリカと)良い貿易交渉をしたかったら北朝鮮について我々に協力することだ。さもなければ我々は単独でも行動する」と釘を刺したという。

 米中首脳会談の最中にシリアに発射された巡航ミサイル北朝鮮に対する警告だった。スパイサー報道官は11日にホワイトハウスで「シリアで証明したように、大統領が必要だと思った時は断固たる決意で行動するだろう」と述べた。

 これに対し北朝鮮外務省は「我々への警告だと騒いでいるが、それに驚く我々ではない。力には力で立ち向かうべきであり、核戦力を強化してきた我々の選択の正しさを実証している」としている。

 アメリカの国家安全保障会議は在韓米軍への核再配備を提案した。日本も空母カール・ビンソンと自衛隊の共同訓練を予定している。これに対し北朝鮮の労働新聞は11日、「我が軍隊と人民は、明日直ちに核戦争が起きても恐れない。我々の核の照準はアメリカ本土にも向いている」とした。13日には金正恩氏が韓国でのテロ活動を担う特殊作戦部隊を指導する様子を公表し、核戦略以外の選択肢もあることを示唆した。

 12日に撮影された北朝鮮の核実験場の衛星写真では、坑道入口の車両や管理施設付近の人の動きも確認できる。核実験の準備は終わり、待機状態にあるとみられている。北朝鮮の韓成烈外務次官は14日、「最高指導部が決心した時に核実験が行われるであろう」と発言した。

 また15日には故・金日成主席の生誕105周年を祝う太陽節が行われた。今回のパレードで初めて公開されたのが弾道ミサイル「北極星」だ。潜水艦に搭載し、アメリカ本土も攻撃できると言われている。後に続いた「北極星2型」は北極星を改良した地上発射型ミサイルで、射程の長い新型中長距離弾道ミサイルだ。この他にも発射台付きの車両に載った新型大陸間弾道ミサイルICBM)とみられるミサイルも初公開された。さらに顔を黒く塗った特殊部隊も初公開された。

 今回のパレードについて軍事ジャーナリストの黒井文太郎氏は「圧倒的に驚いたのは、新型で大型のICBMと思われるミサイルが登場したこと。ロシアなどと同じような性能があるとすれば、余裕でアメリカ大陸に届く。アメリカが北朝鮮に手を出せば、ワシントンやニューヨークに核ミサイルを撃ち込むことができる」と解説した。

 金正恩氏の側近である崔竜海副委員長は「全面戦争には全面戦争で、核戦争には核攻撃戦で対応する」と演説した。

 コリア・レポート編集長の辺真一氏は、「隠し金がある。貯めこんでいるドルがある。北朝鮮は金の埋蔵量が多い。金だけでも1000トンから2000トンある」と説明し、軍事パレードで公開された軍備の増強に使われているとの認識を示した。

 共同通信社・元平壌支局長の磐村和哉氏は「鉱物資源を自分たちで掘るのではなく、主に中国から投資を募って、機材を入れて掘っている。それを二次加工して輸出している」と軍備のための資金獲得について解説した。

 ジャーナリストの山口敬之氏は「太陽節に向けて核実験の準備をしていたが、これを延期したのだと思う。延期したのだとすると、何か大きな示威行動をする必要がある。実は軍事パレードはもっと後にするという説もあった」と明かし、「姿をみせた金正恩氏が本物だとすれば、斬首作戦をするかもしれないと言われているので自分の身が危ない。しかし外国の記者がいれば、ミサイルを撃ち込まれるリスクが少なくなる」と海外メディア向けの情報発信の狙いについて解説した。

 辺氏はたびたび話題になる影武者説について「100歩譲って影武者だとしても韓国の情報当局、アメリカのCIAは、顔のほくろ、しわ、しみを全部チェックしているのですぐに分かる。すぐに分かるようなことを北朝鮮はしない」とした。さらに「核実験とパレードの順番を変えた」との山口氏の説に同意を示した。

 山口氏は「アメリカが中国を為替操作国に指定しなかった。米中電話首脳会談の直後に発表している。中国がきちんと北朝鮮に対応していなかったら、中国が喜ぶようなことはしない。フロリダで行われた米中首脳会談の宿題の答えを習近平主席が電話会談で伝えて、(トランプ大統領は)ある程度満足した」ことを一連の流れの中で最も注目していることとしてあげた。

 また山口氏によると、アメリカ艦隊の行動については、圧力であると同時にミサイルが発射された場合の防衛の意味もあるという。空母の動きやアフガニスタンで新型爆弾を使ったことなど、本来秘匿すべきことを公表しているのも圧力をかけて北朝鮮に行動を促しているのだという。

 辺氏は「アメリカは朝鮮半島周辺でありとあらゆる兵器を展開している。北朝鮮もパレードである程度見せた。北朝鮮が核実験とICBMをどの時点で発射するか。実際に発射した時にトランプ大統領が迎撃できるのかと。この次はトランプ大統領の本気度が試される」との見方を示した。

(AbemaTV/みのもんたのよるバズ!より)

.

.

【関連記事】

北朝鮮の現状 訪朝5回の写真家“何か大切なものが今の北朝鮮に残っている”

北朝鮮“国家ぐるみ”暗殺チームの実態 「金正男氏の遺体が北朝鮮に帰れば100点満点」

北朝鮮が節目で「5」にこだわる理由

北朝鮮、他国のアダルト動画視聴で“無慈悲に公開処刑“も

“米軍が北朝鮮空爆“? 夕刊フジ報じる

最終更新:4/16(日) 14:02

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー以上転載ーーー

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170416-00010005-abema-int&p=2